WiMAX 2+キャリアアグリゲーションの導入について

キャリアアグリゲーションとは

 

 

WiMAX2+の回線を所有・拡充している
UQコミュニケーションズより2014年10月27日

 

WiMAX2+におけるキャリアアグリゲーションの導入が発表されました。

 

キャリアアグリゲーションとは

 

キャリアアグリゲーションとは複数の電波を同時に利用して
データ通信を可能にする技術のことをいいます。

 

WiMAXで利用されている周波数帯域30MHzのうち
20MHzをWiMAX2+の周波数帯域に切り替えて

 

 

WiMAX2+の周波数

 

 

今、利用されているWiMAX2+の周波数帯域20MHzと合わせます。
つまり、WiMAX2+の周波数帯域が40MHzになるわけです。

 

 

WiMAX2+のキャリアアグリゲーション

 

 

WiMAX2+の周波数帯域を増やすことによって
通信の速度が下り最大220Mbpsへと進化するわけですね。

 

当然、WiMAXの周波数帯域は減ってしまうので

 

現在の下り最大40Mbpsから下り最大13.3Mbpsへと
速度が減速されるようになります。

 

このキャリアアグリゲーションは2015年の春頃から
順次切り替えとUQコミュニケーションズより発表されています。

 

2015年2月12日に栃木県の真岡市から
キャリアアグリゲーションの導入がスタートしました。

 

2015年10月末で日本全国に導入完了
各地で下り最大220Mbpsが利用できるようになっています。

 

2017年1月には下り最大440Mbps対応の
モバイルルーターも販売がスタートとなりましたね。

 

440Mbpsはこのキャリアアグリゲーションと
4×4MIMOを組み合わせて利用する仕組みになっています。

 

2019年春には端末W06
東名阪エリアの一部より下り最大558Mbpsに対応

 

 

モバイルルーターW06

 

 

有線接続が条件にはなっていますが
ハイスピードプラスエリアモードで下り最大1237Mbps対応

 

ギガビット超の高速通信が東京および埼玉の一部からはじまっています。

 

BIGLOBE WiMAXは初めてのワイマックスに人気