MENU

WiMAX2+の成り立ちから今後の予定について

WiMAX 2+は下り最大440Mbpsの時代に!

wimax2+のサービスは、2013年10月31日

 

東京都の渋谷駅周辺、秋葉原駅周辺
そして環状7号線の内側エリアから提供が開始されました。

 

2015年6月現在では、サービス提供エリアも拡充され
かなりの地域でWiMAX2+が利用できるようになりました。

 

 

wimax2成り立ち

wimax2成り立ち

 

 

このあたりが非常に混み合っている地域となっていたため
1番最初にWiMAX2+のエリア拡充が始まりました。

 

そして、半年後の2014年3月末には、約7000局が開設

 

東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、兵庫
上記の地域でwimax2+がサービス提供エリアとなりました。

 

 

wimax2成り立ち

 

 

さらに、2015年2月には20,000局が開設
速いペースでのエリア拡充が進捗しています。

 

 

 

 

なお、都道府県別のエリア拡充状況は
こちらの記事で随時更新していますので
ひとつの目安として、参考にしていただければと思います。

 

2015年の3月末をめどに、従来のWiMAXのエリア全域で
WiMAX2+が利用できる計画となっていますね。

 

さらに2015年の9月末には、キャリアアグリゲーション導入
全域下り最大220Mbpsの通信速度に対応

 

2016年12月には東名阪エリアを中心に
下り最大440Mbps対応のモバイルルーターも新発売!

 

2017年9月には、東名阪エリアの一部より
下り最大558Mbpsに対応となりました。

 

将来的には、下り最大1Gbps程度まで
高速化が計画されていますので、光回線並みの速度で
インターネットが利用できるのかもわかりませんね!