7GBの通信量の目安とWiMAX 2+帯域制限について

月7ギガ通信量目安

 

 

WiMAX2+ではギガ放題以外の契約を選んだ場合
(通常プランあるいはフラットツープラス)

 

もうひとつ、ハイスピードプラスエリアモードの

 

WiMAX2+とau4GLTEの合計通信量が月に7GBを超えると
当月末まで速度が128kbpsに制限されます。

 

WiMAXで3年契約を結ぶとLTEオプションが無料で使えますが
無制限使い放題ではありませんからお間違えなく。

 

では、7GBの通信量の目安ってどの程度?でしょうか。

 

簡潔に7GBの通信料の目安をまとめてみると

メールの送受信 1ヵ月約1,870万通(1日約62万通)
ホームページ閲覧 1ヵ月約50,600ページ(1日約1,687ページ)
動画視聴 1ヵ月約33時間(1日約1.1時間)
音楽ダウンロード 1ヵ月約1,790曲(1日約60曲)

 

およそ、これくらいの数字となりますね。
(あくまでひとつの目安として参照くださいね。)

 

 

WiMAX2+月7GB制限

 

 

なかでも動画視聴の時間、1日1.1時間程度動画を見ると
7GBの速度制限がかかってしまうようになります。
(高画質だともっと厳しいかも・・)

 

インターネットの使い方は個々で差はありますが
動画を楽しむ機会の多い方には速度制限は辛いですよね。

 

ハイスピードモードのWiMAX2+は

 

2015年2月19日契約分までは
契約から2年間は通信制限なしとなっていました。

 

2015年2月20日以降の契約分より

  • 月間でのデータ容量上限なしの料金プラン(ギガ放題)
  • 月に高速データ容量7GBが上限の通常プラン

このような料金プランが適用されるようになりました。

 

(ギガ放題でも3日10GBの通信制限は対象になります。)

 

ハイスピードプラスエリアモードで

 

WiMAX2+とau4GLTEの合計通信量が月に7GBを超えると
当月末まで速度が128kbpsに制限されます。

 

そして、ハイスピードプラスエリアモードで制限されると

 

ハイスピードモードのWiMAX2+に切り替えて操作しても
速度が制限されちゃいますからここは要注意。

 

速度に制限がかからないよう上手に使いたいですね。

 

WiMAX 2+通信制限はこちらの記事で