WX03とW04の選択に迷った時何を基準に選ぶ?

W04とWX03どっちがおすすめ?

現在メインで取り扱われているデータ端末

  • Speed Wi-Fi NEXT WX03
  • Speed Wi-Fi NEXT W04

選択に迷った時、何を基準に選べばよいでしょうか?

 

新しい端末が販売されると迷っちゃいますが
答えはシンプルに出てきそうですよ。

 

WX03とW04の大きな違いとして利用できるモードが挙げられます。

Speed Wi-Fi NEXT WX03

 

 

Speed Wi-Fi NEXT WX03メリット

 

 

WX03で利用できるモードはWiMAX 2+のみです。
(ハイスピードプラスエリアモードがありません。)

au4GLTEおよびWiMAXは利用できません。

 

Speed Wi-Fi NEXT WX03のスペックなどはこちらの記事で

 

Speed Wi-Fi NEXT W04

 

 

Speed Wi-Fi NEXT W04メリット

 

 

W04で利用できるモードは、ハイスピードとハイスピードプラスエリア
WiMAX2+とau4GLTEが利用できます。

WiMAXは利用できません。

 

Speed Wi-Fi NEXT W04のスペックなどはこちらの記事で

 

WX03とW04おすすめは?

最大の違いはここだといえるでしょう。
利用できるモードが違うわけですね。

 

あなたに、au4GLTEが必要ないようであればWX03
au4GLTEを利用するケースがある場合はW04

 

ここが選ぶ時の大きな基準になってくるといえます。

 

あなたがインターネットを利用する範囲が
すべてWiMAX2+のエリアに拡充されているようならWX03

 

つまり、都心部向きの端末だといえるでしょうか。

 

あなたが地方にお住まい、あるいは地方に出張
旅行に出かける機会が多いようならW04

 

WiMAX 2+が圏外のエリアでも、au4GLTEでつないで
インターネットが利用できる範囲が広いわけですよね。

 

ただし、au4GLTEは利用した月に限って
別途オプション料金として1,005円(税抜)必要になりますので
ここも契約前にはきちんと踏まえておきたいところです。

 

auスマホユーザーさんで
auスマートバリュー mineが適用されている期間なら
ハイスピードプラスエリアモードが無料で使えます。

 

W04とWX03を選ぶ時の基準はau4GLTEの使い道
私はここがポイントだと考えていますよ。

 

どちらも、東名阪エリアを中心に下り最大440Mbps対応
順次、全国にエリア拡張予定となっています。

 

補足ですがもうひとつSpeed Wi-Fi HOME L01

 

 

Speed Wi-Fi HOME L01メリット

 

 

東名阪エリアを中心に下り最大440Mbps対応
据え置き型のホームルーターとなります。

 

持ち運びには不向きですが、小規模事務所や店舗など
事業用として検討してみる価値はあるかもわかりません。