WiMAX 2+のau4GLTEについて

WiMAX 2+ののau4GLTEって?

端末にファーウェイのW04またはW03を選択した場合に
オプションとして、au4GLTEが利用できますね。

 

(ハイスピードプラスエリアモードで利用できます。)

 

au4GLTEは800MHzのプラチナバンド
日本全国広いエリアをカバーしています。

 

800MHzのプラチナバンド、人口カバー率も広く
下り最大75Mbpsの高速モバイル回線となっていますね。

 

ただしau4GLTEは、利用した月に限って
別途オプション料金として1,005円(税抜)必要となります。
(別途オプション契約の必要はありません)

 

これは通信量の多い少ないに関係なく
au4GLTEを利用した月に限り、請求される料金となります。

 

日割り計算にもなりませんので踏まえておいてください。

 

2016年11月より、auスマートバリュー mine
適用されている期間はこの1,005円が無料になります。

 

auスマホユーザーさん限定の特典となっています。

 

また、ハイスピードプラスエリアモードには7GBの通信制限があります。
(7GBの通信制限についてはこちらの記事を参考にしてください)

 

WiMAX2+とau4GLTEの合算通信量が
月に7GBを超えると、月末まで速度が制限されますから
そのあたり上手に調整しながらの利用をおすすめします。

 

そして、ハイスピードプラスエリアモードで7GBを超過した場合
ハイスピードモードのWiMAX2+でも速度制限がかかります。

 

この点、勘違いしやすい部分ですのでご注意くださいね!

 

NECプラットフォームズ製の
Speed Wi-Fi NEXT WX03ではau4GLTEが利用できません。

 

つまりハイスピードプラスエリアモードが搭載されていませんから
あなたが端末選びに迷ったようなら
まずこの点を基準に検討してみてるとよいでしょう。

 

W03は下り最大370Mbps対応

また、Speed Wi-Fi NEXT W03
ハイスピードプラスエリアモード利用時
下り最大370Mbpsに対応していますが

 

東京都渋谷駅周辺からのスタートで
大阪・名古屋の都心部より順次導入となります。